レーザー治療で刺青を除去する前に確認すべきポイント

保険外治療の魅力とは

医師

保険外の美容施術を受けられる水戸の美容外科は、エステより高い美容効果が期待できます。一度の施術で完治させたい方には切開法が適しており、切開に抵抗がある方にはプチ整形がおすすめです。プチ整形は元に戻すことが可能なので、美容整形の入門編として最適でしょう。

Read More

3カ月とマクロファージ

座るレディ

3カ月間を空ける

刺青を除去するレーザー治療は繰り返し利用することで徐々にそれを薄くしていく方法です。そのため、よほど薄い刺青でないかぎり、何度か繰り返して行う必要があります。では、「毎日レーザーを照射すればいいじゃないか」と考える人もいますがそれはクリニック側から拒否されてしまいます。なぜならば、頻繁に行っても効果が薄いからです。基本的には1度レーザー治療を行った場合、次にできるのは3カ月後となります。刺青の色や濃さ、肌の状態などで効果が異なってきますが、およそ5〜10回ほど繰り返すことで目に見える効果が出ると言われています。つまり、1年以上はかかることになります。そのため、計画的にレーザー治療を施すようにすることがとても大事なのです。

マクロファージとの関係性

そもそも、なぜ3カ月ほどの空白期間を設けるのでしょうか。その理由はいくつか挙げられますが、その一つはマクロファージが関係しています。刺青にレーザーを照射すると、色素が反応して熱を帯びて分解されます。その分解されたままでは色が残ったままですが、さらにマクロファージという免疫細胞が捕食するのです。さらに分解されて色も失います。しかし、マクロファージが捕食できる量には限りがあり、頻繁にレーザーで刺青の色素を分解しても、捕食しきれないまま色素の残骸そこに残ってしまいます。捕食しきるまで時間を置く必要があり、その時間が約3か月と言うわけです。そのため、焦らずに時間をかけて刺青を消していくことになります。

皮膚の悩みに対応できる

女性

目の下のくぼみやクマ、しわなどが女性が抱えている悩みとしてあります。これらの悩みを総合的に改善できる美容施術としてヒアルロン酸注入があり、福岡の美容外科で行われています。合成成分を使用しているために安全性が高いですが、幅広い知識を持っている美容外科を選択することがおすすめです。

Read More

整った顔立ちに

ウーマン

鼻の修正施術方法は、悩みに応じていろいろあります。鼻を高くするというだけでも、注射でできるプチ整形からシリコンを挿入する方法まであります。施術に失敗しないためには、鼻修正施術に関しての症例や経験数の多い名医を選ぶ必要があります。

Read More